■ 指揮 小田野宏之

1980年東京芸術大学音楽学部指揮科卒業。1983年同大学大学院音楽研究科修了。指揮法を金子登、渡邉暁雄に、ピアノを水谷達夫、フルートを川崎優の各氏に師事。大学院修了後、国際ロータリー財団奨学生として2年間ウィーン国立音楽大学へ留学。 オトマール・スウィトナー氏のもとで研鑚を積む。

 1982年、「第17回民音コンクール」指揮の部第3位入賞、同時に「斎藤秀雄賞」受 賞。その後に行われた受賞記念演奏会で札幌交響楽団、新星日本交響楽団、名古屋フィ ルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団を指揮。

   

 1984 年オランダで行なわれた「第1回キリル・コンドラシン国際指揮者コンクール」で第2 位に入賞し、アムステルダムのコンセルトヘボウ大ホールに於いて、オランダ放送フィ ルハーモニー管弦楽団を指揮してヨーロッパデビューを果たした。

 これまで全国各地の主要オーケストラを指揮するほか、オペラ、バレエ公演の指揮、 またNHKテレビやFM放送に出演するなどその活躍は多方面にわたり、それぞれの分野 で高い評価を得ている。1985年以来、オランダ放送交響楽団、同室内管弦楽団とたびたび演奏会や放送録音を行う。1986年には、北オランダのフリスク管弦楽団定期演奏 会に日本人として初めて登場、成功を収める。1989年、大阪センチュリー交響楽団設立の際には、楽員オーディションの審査やオーケストラのトレーニングに尽力し、同 交響楽団指揮者として1992年3月まで活動した。

 1995年4月より2002年3月まで広島交響楽団正指揮者として活躍し、現在、東京芸術大学非常勤講師も勤める。